省エネリフォーム

家族にも環境にもやさしい住まいを実現するためにバリアフリーや省エネのリフォームをする方も増加されています。住まいのエコ化には、探光・通風・断熱の効率をあげ、省エネ設備を導入することによって住まい全体の熱効率が上がり、暮らしを変えることができずに光熱費を削減することができます。

浴室は段差のない引き戸や滑りにくい床材の設置、手すりの設置等が主としてあります。また、またぎやすい高さの浴槽や、浴室暖房機能の導入なども主流となっています。

通路や廊下などは通りやすいようにゆとり、幅の増加階段は勾配をゆるくしたりといったことや手すりを追加するなどがあります。
熱効率の高い給湯設備エコキュートやエコジョーズを導入するといったことも多くなってきています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る