住宅改修の介護保険

公的介護保険の認定を受けている在宅の方は住宅改修をした際に介護保険を受けることができる可能性があります。

まずは、担当のケアマネーシャーさんに現状困っていることを伝えて、住宅の改修の利用を検討していただくことが出来ます。サービスの利用が決まったら事業者を探してもらい、家の下見に来て貰う日を調整することができます。

下見の結果を元にして事業者さんが住宅の改修プランについて改修の図面及び費用等の見積もりなどを確認し、最終的に契約するかを決定することになります。
工事が完了しましたら、住宅改修費の給付を申請し、かかった費用の9割を還元してもらう仕組みとなっています。
原則としては住宅改修費20万円まで。給付限度18万円または16万円で1人1回までとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る